くろごまさんぽ

くろごまは躁うつと上手くお付き合いしたいのです。躁うつ病の日常ブログ。

友人関係からの引き際は?

Facebookを始めた数年前、後にも先にも一度だけ、Facebook交流会という名の良くわからない集まりに参加しました。
当時は躁気味で、沢山知り合いを作って世界を広げてみたいと思ってたんでしょうね。
そこで、とある女性と知り合いました。

大人になってから、普通なら全く人生に交わりのない人との出会いが少なくなってきていたので、彼女のアグレッシブさに惹かれ友達となりました。
話していくうちに、彼女のプロフィール(国籍が違ったり、某NWビジネスをしていたり)が分かってきました。
普通ならそれだけで出会っても距離を置いていたでしょう。
ただ、それらを小出しに知る前に、彼女の良さも知る機会が多く、普通の友達として関係を育んできました。

私には生理的に無理な付き合いが3つあります。

某隣国の方との必要以上の関係を持つこと。
これは旅行時、私の無知のせいで酷い事件に巻き込まれた経緯があるから。(だから差別ではなく区別と思っている)

宗教を押し付けられること。
これは義実家の親類とのトラブルがあった。

友人との金銭が絡むやり取り。
これにはビジネス的な関わりも含みます。
男女関係でも貸借りで嫌な思いをしました。

彼女は某隣国の方。そして自分はあまり関わりたくない某NWビジネスをしている。
2つも私の無理な項目を含んでいました。

国籍については、彼女を人として良いと思ったので彼女は嫌悪から除外することが出来ました。

ただ、ビジネスについてはよく分からない間に巻き込まれてしまっているようです…。
信じて裏切られたまでの事は起こっていないんですが、いつのまにか彼女のビジネス傘下の1人(ネズミ講でいう、子の立場)になってるみたいです。
現時点で、何も損はしていません。
買っている商品は自分でもいいと思っていたのと、私の購入が少しだけ彼女の自立の助けになることは知っていました。
でも、そのビジネスに関わってしまった事を今日感じてしまい、自己嫌悪に苛まれてしまっています。

うーん…。
友人としては、気の合う関係。
でも、世間話の中に商品の事がちらほら出てきて、継続や新規購入を勧められる。
本音として、無くてもいいもの(サプリや化粧品)であるから、そろそろいらないんだよなぁ。
彼女の助けにはなれたらいいと思うけど、金銭的な助けは嫌な感じがする。
例えば力仕事を助けたり、私の得意分野で助けたり、そんなのがいいです。
幸い、セミナーに出ようとか、私の友達を紹介してとかは言われないので、これは目を瞑っておく事なのだろうか…。

今の私の病状はフラットから−1くらいのレベル。
物事の決断はある程度出来ると思っています。
ただ、人間関係が病気のトリガーのひとつだったから、人間関係についての決断をするのは少しだけ怖いです。

彼女は私の本当に気兼ねない数少ない周りの人の分類には、まだ入れてなかったんだな。
そう気付かされた、今日。

歳を取れば取ったぶんだけ、対人関係は難解になってくなぁ。